お水の花道・夜の世界でのし上がって、たくさん稼ぎたい

歌舞伎町や銀座、六本木などは、明らかに昼の仕事でみる人たちと違う人を見ますよね。なんだか怖いだとか、派手で近寄りがたいとか、人によって様々意見があると思いますが、中にはかっこいい、綺麗で可憐な感じがたまらないなど、賛成意見もあるのではないでしょうか。夜の商売の人は確かに美を売り物にしたり、華やかな世界を演出しないといけないので、見た目もすごい人が多いです。メイク代もバカにならないでしょうし、服装も同じ服を着ていたらミズボらしく思えて、売り上げや指名が減ってします。金銭もかかりますし、苦労もそこそこあります。アルコールも必要以上に摂取します。ちょうど酔っ払ってるくらいがいいと思うのですが、お客さんにおごってもらったら、それが売り上げにつながるわけですから、無理して飲まないといけない。もっと言えば、お客さんに踊れと言われたら踊らないといけないのです。こんな世界いいのかと思いますが、その分、給料もいいですし、待遇もいい。昼の仕事なんてしてられないと、夜の仕事をして体をこわすという人も少なくないのです。あなたはそれでも夜の仕事をしますか?

水商売のアルバイトって何がある

水商売とは、何で水道屋でも怪しいミネラルウォーター売りでもないのにこんな名称なのかと思う人もいると思いますが、水というのは常に変化の耐えない、いつ潰れてもわからない、時によって変動があるということを意味しています。アルバイトだったら、時給で規定されていますが、それだけでは足りません。お客さんの指名によって稼がないといけないですし、それなりに大変なことが多く待ち受けています。
夜でそれでも働きたい場合、どんなアルバイトがあるのでしょう。代表的なのは女性でいうとキャバクラ嬢、男性でいうとホスト、このように酒を飲みながらおしゃべりするという比較的に簡単な商売と思いますが、おしゃべりが嫌いな人によっては地獄ですし、酒が飲めない人にとっても地獄です。他にも、サパークラブやセクシーキャバクラ、デリバリーヘルスなど過度なサービスを提供しないといけない商売もあります。これは、乗り越えてはいけないと思いますが、案外夜の商売をしていると、楽して儲けられる、もっといい時給をと考えると行き着いてしまいがちなパターンになります。己を強く持ってないとやっていけない商売です。

x