なんとなく挨拶すべきかどうか迷う、あまりしゃしゃり出るのも

「おはようございます」「お疲れ様でした」挨拶は礼儀の基本中の基本ではあります。仕事が始まる時、おはようございますと、みんなに挨拶すれば、気持ちがいいものですし、これから仕事をしようとする仲間や先輩たちに対しての最低限の礼儀とも言えます。何も言わずに入っていくと仕事上の会話以外はしない。存在をそもそも知らしめないなどの事態に陥るので、挨拶はしたほうがいいというか、するものとみなされています。終わりの時もそうです、気持ちよく挨拶すれば、自分も気持ちいいです、仕事をしたという感じで帰れますし、仕事をしている他の同僚たちへもいい印象になりましたし、気持ちのいいやつだと好印象になりますし、仕事が多少ミスしてダメな面が目立ったとしても、挨拶一つで帳消しになる場合だってあるのです。しかしながら、そういうことを許さない、とんでもない足の引っ張りあいをするくそじじじなどがごく一部に存在するのも事実ですが、仕方がありません。そういう人は一生辛酸を舐め続けることになるものです。世の中はそういう風にできています。話は戻りますが、挨拶は当然したほうがいいのですが、なんとなく挨拶すべきかするべきか迷うところがあるのではないでしょうか。

社員には挨拶するけどバイトは無視

社員の人が先に帰ってとします。その会社は社員の人がほとんどでバイトは少ないですし、バイトと社員が仕事上で絡むことも少ない、そんな時社員の人はバイトの人に挨拶をするのかというとなんとなくしないパターンで終わることもあるのです。社員がバイトに媚をうる必要はありませんし、社員の仲間だけに挨拶をしてアピールして帰ればいいという話でもあります。バイトには挨拶してもしょうがないなクソアマくらいに場合によっては思っている人もいるかもしれません。しかしながら、そんな人ばかりでもなく、バイトに挨拶をして変に気を使わすのもなという配慮なのかもしれません。バイト側もそうです、社員に挨拶しても、いや、お疲れ様って、いや仕事上絡んでないし、お疲れなことなんてしてない、正しい日本語の使い方としては間違っているから、この時は挨拶するのはやめておこう。そういう人もいると思います。難しいものです、バイト側と社員側が相容れない職場だってあります、お互いにプライドもありますから、必要以上に媚びたくないし、媚びられたくないという感情があるのかもしれません。

x