バイト先で友達つくりたい!でも案外仲良くなりにくい!?

新たな友だちとの出会いを期待してアルバイトを始めたけれど、年が離れていたり、休日が合わなかったりして、案外仲良くなりにくい……。アルバイト先では気軽に話せても、それ以外での交流は意外と少なかったりするもの。でも、学校と違ってアルバイト先にはいろいろな背景の人がいて、とても興味をそそられますよね。では、アルバイトで一生ものの友達をつくるにはどうしたらいいのかを考えてみたいと思います。

友だちが作りやすい職種を選ぶ

同じような年齢の人が集まりやすい職場や、同じような趣味の人が集まりやすい職場は仲良くなりやすいと考えられます。例えばあなたが大学生なら、大学の近くにある職場であれば同じ大学生と出会うことができ、年齢が近ければそれだけ仲良くなりやすくなります。自分とは異なる背景の人と仲良くなってみたいなら、自分の通う大学にはない学部を持っている他大学や、専門学校の近くなどを選ぶといいかもしれません。また、同じような趣味の人と仲良くなりたいなら、その趣味に関連する職場を選んでみましょう。

時間外に仕事仲間と交流しやすい職場を選ぶ

仕事の時間外に同僚と交流が持ちやすい仕事を選ぶのもひとつの手です。勤務時間帯が決まっている仕事であれば、みんな一斉に仕事を終えて帰宅するため、その帰り道に話をしたり、一緒にご飯を食べたり飲みに行ったりという交流が持てるようになります。年齢や趣味が違っても、帰る方向が同じというだけで話すきっかけが作れますし、職場では話せないようなことを話したり、意外な共通点を見つけたりできればさらに距離が縮まります。
また、シフトの組み方はバラバラでも営業終了時間が遅すぎない職場であれば、営業終了後に職場の飲み会が開催されることもあります。求人情報に「職場での飲み会がある」と明記されていれば、さらに飲み会などの交流が好きな人が集まりやすくなるため、そういった求人を探すのもいいかもしれませんね。

まずはSNSやメッセージアプリの連絡先を聞こう

メールアドレスや電話番号は聞きづらくても、SNSやメッセージアプリなどのアカウントは聞き出しやすいもの。初めは仕事のシフトを交換したいときの連絡用として、SNSやメッセージアプリ上の連絡先を聞いておきましょう。SNSやプロフィールに近況や趣味のことなどを投稿している人であれば会話のきっかけが作りやすくなり、そこから仲良くなっていく可能性もあります。また、似たような趣味を持っている人がいればそこからさらに盛り上がり、交友関係も広げていくことができるかもしれません。

x