日中はプライベートに•在宅でもできるバイトをして有効に時間を使いたい

好きな時間に仕事をできるようなサイクルを作りたい

在宅のバイトというと、なんか憧れますよね。自分の家で仕事って、何時に起きてもいいわけですし、何時に仕事しようが、仕事さえしていれば何も言われない。深夜に仕事をして、昼間に立ち飲み屋で飲んでいても、朝から仕事を終わらせて、昼間はショッピング。可能性は無限ですね。在宅で仕事っていうとまあ一般的にあまりまだ馴染みがないかもしれませんが、最近のアルバイトの求人を見てみてください。驚くほど在宅可能ワークなどと文句が書いてあります。かつては内職などの低賃金で、育児などでやむにやまれない事情で家でしか仕事を出来ない主婦の方などが多くやっていたイメージですが、最近ではノマドワーカーというように、会社に出社せずにスタバで仕事をしたり、家でも、さらには旅行先の海外でもできてしまうというように夢のような世界なんです。

在宅ワークが増えたのは?そして今後は?

なぜこんなにも在宅の仕事が増えたのか、パソコンの普及や各種ソフトフェアの浸透や、仕事の需要でのウェブ上の業務や広告宣伝、デザイン業務、紙媒体でかつてはやりとりしていた、現物でのやりとりをすることから会社に結局こないといけない。パソコンのソフトで作業するのも、かつては会社が購入する高価なパソコンでしか出来ない業務も、安値になって個人でも簡単に手に入るようになった。そんなことから在宅での仕事が多くなってきたということです。また、非正規雇用の増加、ざまざまなライフスタイルの変化や欧米型の成果主義やフレックス制の浸透により、定時に出社して残業して帰るというスタイルが古いものとして淘汰され、家でも仕事さえこなせばデータで簡単にやりとりができてしまいますし、成果だけ見れればいいというドライな考えが広まったことによります。これは素晴らしことで、アルバイターたちにとっても時間に縛られなくてすむのです。

在宅ワークの職種

webデザイナー、ライター、イラストレーター、映像クリエイター、さらにはyoutuber 、コンテンツプランナー、宣伝のためのブロガー、デザイナー、他にも昔ながらの内職に近い、梱包、発送、メールでのDM発送もありますし、デジタルな業務が増えています。資格や技術があるのが当然多いのですが、これも経験を積む、技術さえあれば、コミュニケーション能力は必要でないですので、習得さえできれば技術を活かせる大変よろしい雇用形態なのです。

x