新年会みたいなバイト先の飲み会に誘われたけど行くべきなのか?

ノミニケーションはあっさり断るのがいいのか?

かつては、バイト先でも仕事でも飲んで交友を深めるということがいやはや日本的ではありますが、慣例の習慣ではありました。しかしながら、昨今では若い人がお酒をそもそも飲まない、家で遊んでたり、ネットで十分事足りる。宅飲みや友人の数人で家でまったり飲むのがいいというのが大半の主流になっています。だから、会社とか仕事とか大人数で飲むのは好きじゃないし、先輩や年上の人と気を使って、上座に座ってとか、注文取らないといけないとか、お酌する、ビールの減る量を見ているとか、話で盛り上げないといけないばかりか、一発芸や、滑らない話まで強要されされそうで地獄。こう考える人もいるのではないでしょうか。だからといってそれじゃ世界は広がりませんし、いつもとかわらない日常のままを強いられることになって、あー面白いことないかなってぼやいて一生が終わります。いや、友人同士で飲む方が十分楽しいし、面白い。バイト先の人と飲んでも気をつかうし、お金もかかるし、なんで行くのかわからない。そう簡単にいかないと決断して良いのでしょうか?

飲み会に行った翌日には、仕事が楽しくなった

会社の上司も人間です。お酒の席で砕けた話や、プライベートなことを聞けたら人に興味を持ちますし、仕事も機械的に振ったりするだけじゃなくて、コミュニケーションをとったり、時には冗談を言いながら仕事を楽しくできるかもしれません。私はそんなに面白いことも喋ってないし、そもそもそんなに喋ってない。そういう人も行くだけで、対応は変わってきます。参加しただけで、その人は敵意がないということもわかりますし、あの子は私たちの味方だと、妙な連帯意識も勝手に芽生えると言ったら失礼ですが、無意識にお互いが仲間という感覚で仕事をすることができます。飲み会が毎日とかだったらお金も時間も無駄なので、遠慮なく、そこは断った方がいいと思うのですが、年に一度くらいは参加した方が無難です。ちょっと考えてしまうのは、他のバイトの同僚は参加しないで他は社員ばかりとかだときついものもありますが、抜け駆けではないです。行けるときはいくという考えを持って、行かない後悔なら行く後悔の方がいいと、何かの自己啓発本にありそうなタイトルですが、行ってみる価値はあると思います。だってバイト業務ばかりだと味気ないですもんね。

x